2006年09月23日

つよにいのこの椅子に座りたい10選-真壁廉

0939-2.jpg
(商店建築より)
椅子といわず座れるものであれば
近くまで行っていろんな角度で観賞し
手で触って撫でまわし
実際に座ってみなければ気がすまない性癖を持っています。
で、思いつくままに
古今東西、座ってみたい椅子を
脈略なく独断で取り上げます。
第5回目は真壁廉の「海をイメージした連作家具」。
人が使うんじゃなくて、
人じゃない別の何かが座っている椅子(真壁・談)。
八百万の神ですね。
神様の居場所もどんどんなくなっていきます。
posted by ツヨニー at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

つよにいのこの椅子に座りたい10選-ライト

37_1.jpg
(ELLE DECOより)
椅子といわず座れるものであれば
近くまで行っていろんな角度で観賞し
手で触って撫でまわし
実際に座ってみなければ気がすまない性癖を持っています。
で、思いつくままに
古今東西、座ってみたい椅子を
脈略なく独断で取り上げます。
第4回目はフランク・ロイド・ライトの「バレル」。
建築家が作った椅子数々あれど。
大御所中の大御所、1937年の作品。
posted by ツヨニー at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カヤで編んだバッタ

6513-2.jpg
前述の「ふれあい土曜市」の風景です。
6504-2.jpg
これは、すごい、手の業。
本物よりも昆虫っぽい。
大五木材さんのブースでした。
posted by ツヨニー at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

おもたい十手

明日16日、コミセンの「きまぐれ土曜市」に出展が決まりました。
でも出す作品がない。
そこで、前から作りたかった十手を急遽製作。
しかし、実物は見たこともないし
書店にもそれとおぼしき書物は見つからず。
時代劇(銭形平次)のおぼろげな記憶を頼りに
(主題歌を鼻歌のように謡いもって)
こんな感じかな〜、とできました。
6521-2.jpg
完成品の自己採点。
これはでかすぎ。62cm。
これは重すぎ。1.5kg。
トレーニングにはききます。




posted by ツヨニー at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

道具と芸術の狭間

遥風堂のオーナー高橋さんの目利きで揃えられた道具たち。
嬉しくなって、大声で叫びたくなる衝動にかられるのは私だけ?
6339-2.jpg
中国の枕。座れないので残念。
6344-2.jpg
シリアで出土した1500年前の壺。手にすっぽり。
6347-2.jpg
ハンガー。もうこれ以上はないでしょう、素朴。
6352-2.jpg
まさか孫の手?まさしくそうでした。
6399-2.jpg
カードホルダー。大中小のセットで1000円、即買い。

posted by ツヨニー at 02:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

無垢なるダンボールアート

6383-2.jpg
カフェでチャイを飲んでいて
壁にふと目をやると
さりげなく掛けてあった。
湯布院のわたくし美術館で購入されたそう。
障害者が作った無垢な暖かいクラフトです。
6388-2.jpg
レジでお勘定を払っていて
足元にふと目をやると
さりげなく置いてあった。
イギリスのアンティーク物だそうです。

県道伊予川内線沿い砥部町のpoco a poco
落ち着いてゆっくりチャイタイムできます。
posted by ツヨニー at 15:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

20年後

6368-2.jpg
ご注文いただいたブランコを設置いたしました。
おじいちゃんがお孫さんに贈られました。
20年もつ丈夫なモノ、をご希望。

20年後の自分・・・。
思考が停止してしまいます。
posted by ツヨニー at 22:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

つよにいのこの椅子に座りたい10選-ラブグローブ

0937-2.jpg
(1000チェア Taschenより)
椅子といわず座れるものであれば
近くまで行っていろんな角度で観賞し
手で触って撫でまわし
実際に座ってみなければ気がすまない性癖を持っています。
で、思いつくままに
古今東西、座ってみたい椅子を
脈略なく独断で取り上げます。
第3回目はロス・ラブグローブの「ボーン・チェア」

みごとな有機体。
タキシードで正装してすわる。
posted by ツヨニー at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

役に立つツヨニー

6318-2.jpg
ツヨニー6号

ローソク立てでもある。
実用品でもある。
社会のために何かする一員になったのである。
posted by ツヨニー at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

つよにいのこの椅子に座りたい10選-トム・ディクソン

0936-2.jpg
(1000チェア Taschenより)
椅子といわず座れるものであれば
近くまで行っていろんな角度で観賞し
手で触って撫でまわし
実際に座ってみなければ気がすまない性癖を持っています。
で、思いつくままに
古今東西、座ってみたい椅子を
脈略なく独断で取り上げます。
第2回目はトム・ディクソンの「キッチン・チェア」。
フライパンやらオタマやらがごちゃごちゃ熔接されてます。
座りたいというより、
私もいつか、台所のいろんな道具を拝借して(永遠にもどらない)
工作してみたいな。
posted by ツヨニー at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツヨニー5号誕生の瞬間

6309-2.jpg
実は4号を作っていたんだけど、
アレ?
目玉があるじゃん。
偶然。
posted by ツヨニー at 23:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

アフリカの民具

6294-2.jpg
6298-2.jpg
ひっくり返した表情が最高。
バツフォー計画工房の事務所の
敷居の片隅に鎮座まします総手彫りの椅子。
山下社長コレクション?の一品。
面白いモノがかなりあります。
posted by ツヨニー at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つよにいのこの椅子に座りたい10選-ブガッティ

椅子といわず座れるものであれば
近くまで行っていろんな角度で観賞し
手で触って撫でまわし
実際に座ってみなければ気がすまない性癖を持っています。
で、思いつくままに
古今東西、座ってみたい椅子を
脈略なく独断で取り上げます。
第1回目はイタリアの鬼才カルロ・ブガッティの「コブラ・チェア」。
もう1世紀以上も前の作品です。
見た目奇抜ですが技術的にはすごいものが感じられます。
毎日見て使うものだからデザインは楽しくなくてはいけない。
陽気なお国柄の芸術家ならでは。
0935-2.jpg
(1000チェア Taschenより)
posted by ツヨニー at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

ターシャ・テューダーの使い込まれた一輪の手押し車

0931-2.jpg
(ターシャ・テューダーの世界 文藝春秋より)

道具というのは
無駄なものを削ぎ落として
使い込まれ
美しくなっていく。
モノづくりの姿勢を正される
ような作品に出会えた時は嬉しくなる。
この本のこの項を開いた時もそうでした。

posted by ツヨニー at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。