2006年09月01日

ターシャ・テューダーの使い込まれた一輪の手押し車

0931-2.jpg
(ターシャ・テューダーの世界 文藝春秋より)

道具というのは
無駄なものを削ぎ落として
使い込まれ
美しくなっていく。
モノづくりの姿勢を正される
ような作品に出会えた時は嬉しくなる。
この本のこの項を開いた時もそうでした。

posted by ツヨニー at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23113095

この記事へのトラックバック

心のサプリ
Excerpt: ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季 ターシャ テューダー, リチャード ブラウン, Tasha Tudor, Richard Brown, 相原 真理子 さくらのストレス..
Weblog: LOHAS LIFE
Tracked: 2006-09-13 14:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。